関西大学北陽高校同窓会 会長ご挨拶|関西大学北陽高等学校 同窓会ホームページ

同窓会 会長ご挨拶

MESSAGE

同窓会会長:岡田彰布

【会長挨拶】
 

関西大学北陽高等学校、新たな時代の構築

関西大学北陽高等学校 同窓会会長
岡田彰布(昭和51年卒業)

同窓会の皆様におかれましては、益々のご健勝のこととお慶び申し上げます。
同窓会会長という身に余る大役を任じられて以来、池田会長代行らと共に一丸となって同会の発展と充実に努めております。
 昨年11月に開催いたしました同会交流会には、ご多忙にも関わりませず、 金沢先生・野々村先生、昭和35年卒業の先輩はじめ平成卒業の後輩達ら世代を超えた大勢のOB諸氏にお集まりいただいたおかげで、盛大に執り行う事ができました。同窓会の更なる交流と親睦を深めるため、次回はお一人でも多くの参加を願っております。
 昨年、わが母校に朗報が届きました。硬式野球部監督として24年間の長期にわたって部員の指導にあたっていた前監督の新納弘治さんが、高校野球の発展に貢献した事を評価され、日本高野連から「育成功労賞」に選ばれました。OBの一人として、心より喜んでおります。
 改めて言うまでもありませんが、われらの母校には様々なフィールドで才能を発揮している多彩な人材が揃っておられます。自由な校風のもと何事にも果敢に挑戦してきた諸先輩のチャレンジャー精神が、母校の伝統を築き上げる原動力になってきたと思います。
 一昨年、創立90周年という記念すべきメモリアルイヤーを迎えましたが、
100周年、さらにその先を見据えて魅力にあふれた可能性のある次の世代を継承していく若い芽が育っています。長い歴史の重みを感じながら、次代の校史を刻む一歩を踏み出している
後輩達の活躍を期待して、今後とも皆様のご指導、ご鞭撻を仰ぎながら新しい「関大北陽」を支援いただければ幸いです。
 最後になりましたが同窓各位におかれましては、なお一層のご活躍を祈念いたすとともに、さらなる発展のため、引き続き同窓会のご協力のほどお願い申し上げます。

Facebookコメント

このページのトップへ